八女茶の生産製造直売の八女美緑園製茶

八女茶の生産製造直販の八女美緑園製茶は、旨みとコクが日本で一番と言われる八女茶を栽培加工販売しています。新茶・煎茶・玉露をお楽しみ下さい。

ホーム
ショッピング
 

直接販売ならではの
新鮮な八女
ぜひおしみください!
  
  NEW 煎茶 

  セール 抹茶
トップページ»  お茶の入れかた
お茶の入れかた

お茶の入れかた

おいしい水はおいしいお茶に

水にも少し気をつけるだけで、お茶の味はぐっと変わってきます。
お茶に最適な水は、普通に飲んでもおいしいものです。
井戸水や国内各地の名水のような軟水がベストですね。
いっぽう輸入された水の多くは硬水(カルシウムやマグネシウムを多く含む水)のため、
お茶にはあまり向きません。お湯はかならず沸騰させてから使いましょう。
普通は水道水を使うことが多いと思いますが、その場合はカルキ臭が気になりますよね。
やかんの蓋を開けて5分間沸騰を続けると、かなりのカルキが抜けるので、ずいぶん違ってきますよ。

お茶の種類によっても

茶の種類によって、お茶の葉の量やお湯の量、湯温、浸出時間が変わってきます。
お茶の葉の量りかたですが、「ティースプーン山盛り一杯で3g」が目安です。
ただし、玉露の場合は一杯2gを目安に計算しましょう。
人数やお茶の量、湯量の目安は以下の表を見てください。
これは大体の目安ですから、自分に合った入れ方を見つける参考程度に考えてくださいね。
1人で飲むときは、上煎茶の場合お茶の葉を少し多め(5g程度)に入れるほうがおいしいですよ。
また、深蒸し煎茶の場合は、浸出時間は短めにした方がよいでしょう。

 

人数

茶葉量

湯温

湯量

時間

特上玉露

3人

10g

50度

60ml

150秒

上玉露

3人

10g

60度

60ml

120秒

特上煎茶

3人

8g

70度

170ml

90秒

普通煎茶

3人

10g

80度

430ml

60秒

番茶・焙茶

3人

15g

熱湯

650ml

30秒

お湯の使いかた

次にお湯の使い方です。基本は以下のステップです。
1、一度沸騰させたお湯を急須に入れる
2、人数分の湯のみに必要量の湯を入れる
3、空になった急須にお茶の葉を入れる
4、湯のみの湯を急須に戻し待つ(時間は茶種による)

STEP1STEP1
このような手順を踏む理由は、
湯温を下げる、湯量を量る、茶器を温める、の3つからなります。
お湯が冷めているときは、茶器を温めたお湯は捨て、
新しいお湯を使うとおいしいお茶が入ります。
このように湯にも気を遣うのがコツです。


STEP2STEP2
次にお茶の注ぎかたですが、茶の濃さと量を均一にするためには、
廻し注ぎをします。
廻し注ぎというのは、お茶を少しずつ均等に
それぞれの湯のみに入れていくやりかたです。
茶碗が3個のときは、123と注いだら321と戻り、また123と入れていきます。
そうやって繰り返して最後の一滴まで絞りきりましょうね。
茶湯が残っていると、出すぎたり蒸れたりして
二煎目がおいしくなくなってしまいますし、
お茶は最後の一滴がおいしいのですよ。

 


STEP3STEP3
一煎目を出してから二煎目まで時間が空く場合は、
蓋を開けて急須をトントンたたきましょう。お茶の葉を広げておくわけです。
こうすると、蒸れずに二煎目もおいしくいただけますよ。
二煎目には湯ざましを使い、湯温は一煎目より少し高めにして、
入れたら時間をおかずに注ぎましょう。

 
 

お気に入りの茶器がならべば気持ちも穏やか

茶器とは、急須や湯のみ、茶碗などのことです。お茶の種類、飲み方、飲む量だけでなく、
色合いも考えて選びたいですね。お茶の種類ごとにおすすめの茶器のサイズをあげてみます。

玉露

ごく小さい専用の急須90ml、湯のみは40mlのもの。

特上煎茶

120~250mlの急須、湯飲みは60~100mlほどのもの。

普通煎茶

250~350mlの急須、100~150mlほどの湯のみ。

番茶・ほうじ茶

大きい土瓶に深い大ぶりの茶碗。

ぴったり合うサイズがなくても大丈夫。あなたの飲み方に合わせてアレンジしてみてください。
もし標準より大きい湯のみを使う場合でも、入れるお茶の量は同じにすると上品に見えますよ。