八女茶の生産製造直売の八女美緑園製茶

八女茶の生産製造直販の八女美緑園製茶は、旨みとコクが日本で一番と言われる八女茶を栽培加工販売しています。新茶・煎茶・玉露をお楽しみ下さい。

ホーム
ショッピング
 

直接販売ならではの
新鮮な八女
ぜひおしみください!
  
  NEW 煎茶 新茶

  セール 抹茶
トップページ»  お茶について学ぶ
お茶について学ぶ

お茶について学ぶ

第1回 茶の歴史(前編)

お茶の木はツバキ科に属し、中国の雲南省西南部が原産であると言われています。
お茶が利用され始めたのは、中国の伝説では5000年からとか2700年前からといった説があります。

記録に出てくるのは2060年前に書かれた「僮約(どうやく)」の一文に出てくる「茶を買う」とあるもので、
その頃すでに売買がなされているほど利用されていたのが見てとれます。

陸羽(りくう)によって著された「茶経」(760年)では、当時の茶の産地や加工法、喫茶法などが、
ことこまやかに解説指導されています。この茶経は、日本の茶道に大きな影響を与え、
今でも茶関係者のバイブルとなっています。その頃のお茶は、茶の葉を蒸して、
つき、固めた固形茶(餅茶・団茶)が主流だったようです。それを粉に挽いて、
釜で煮出して飲んでいたと考えられます。

いっぽう、日本にも茶の木は元々自生していたとする説もありますが、
飲用としては、今の中国から仏教の伝来とともに伝わったというのが定説です。
日本後記(815年)の記述に、時の嵯峨天皇に大僧都永忠が「茶を煎じて奉った」とあります。
これがわが国の喫茶記録の第一号ですが、このお茶も陸羽が点てたようなお茶だろうと思われます。
当時はまだ一部の貴族や僧だけがお茶を利用していたようです。

その後、茶に最もゆかりの深い人物として知られる栄西禅師が、
1214年に将軍源実朝に、本格的な茶の効用から蒸し製法の碾茶(てんちゃ)などについて著した
「喫茶養生記」を献上しました。
この書は、わが国では最初の茶書として著名であり、
その後の喫茶に果たした役割も大きいといえます。

第2回 茶の歴史(後編)

鎌倉時代の末には「茶寄合」「闘茶」などが盛んになり、庶民にも茶が少しずつ広まって行きました。
その後、茶園も近畿から関東付近まで栽培されるようになり、
また以前からあった茶寄合、闘茶、茶歌舞伎などの儀礼化と中国の茶礼が結びつき、
15世紀後半には村田珠光、武野紹鴎、千利休のような人によって「茶道」が確立されました。
その頃から、日本各地でそれぞれ茶の栽培加工が中国の影響を受けながら盛んになり、
栽培技術も向上していきました。

18世紀に入り、宇治の永谷宗円が煎茶の良品を作り「煎茶の租」と崇められました。
また上坂清右衛門が高品質の茶生産に尽力し、山本嘉兵衛が「宇治製法」といわれる
玉露の製法を発明するなど、現在の茶業の基礎が確立され、広く庶民にも楽しめるものとなりました。

しかしそれでも、明治10年の国内茶生産量が7678tで現在の10分の1にも
満たない量であったことを考えると、いかにお茶が貴重なものであったかが伺い知れます。

その後、高林謙三の製茶機械の発明、杉山彦三郎の「藪北」品種の選抜など、
生産加工技術の飛躍的進歩により、現在の茶業の盛況を迎えることになったのです。

第3回 お茶を出すときのマナー


当サイトの「お茶を楽しむ」のコーナーで「お茶の入れかた」について解説していますが、
よいお茶を入れたらお客様にきちんと出したいものです。
お茶を出すときの「これだけは守りたいマナー」をあげてみます。

・客間に入る時は挨拶を忘れない
・両肘は体につけ、お盆は胸の高さで持つ
・低いテーブルへの置くときは、膝を折って姿勢よく
・お出しする順番は、上座のお客様から
・奥座のお客様に出す時は、手前の方に一言「失礼します」
・お茶を出す時は、髪に触れないように
・左の人に出す時は、茶托を左手で持ち軽く右手を添えて
・右手の人に出す時は、右手で持って左手を添えて
・退席する時も挨拶は忘れずに
 
ところで、お茶をお客様の前で入れるのは失礼だ、ともいわれています。
しかし、顔見知りの方や気心の知れたお客様なら、目の前で心を込めてお茶を入れることで、
お客様を大切にする気持ちをわかっていただけるのではないでしょうか。
そして、お茶葉の産地、種類、水、味、などでより一層話がはずみ、心が通じるものだと思います。

第4回 お茶の効能(前編)

茶は中国では紀元前から、またわが国では約1200年も前から飲まれています。

栄西禅師の記した喫茶養生記には「茶は養生の仙薬なり、
延齢の妙術なり。山谷これを生ずれば、その地、神霊なり。
人倫これを採れば、その人長命なり。」また「種々の薬は各々一種の病の薬なり、
茶は万病の薬となる。」とあります。つまり不老長寿の「仙薬」であると述べられているわけです。

緑茶には他の植物にはあまりないカフェインや、今話題となっているカテキンがあり、
その効果がそれだけ素晴らしいのだとも言えるでしょう。

今回から数回に分けて、お茶の効能について簡単に紹介します。
お茶が薬と言われるわけも、よくわかるのではないでしょうか。

1.抗酸化作用

食生活の偏り、食品添加物、環境汚染が原因で、体内における活性酸素(フリーラジカル)が
生成されることがわかっています。この活性酵素は成人病、癌を誘発する原因となります。
茶に含まれるカテキンは、この活性酸素の生成を妨げる働きが強いことがわかっています。

2.抗突然変異・抗癌作用

日頃から化学物質や紫外線は言うに及ばず、食生活においても、私たちは様々な物質を取り込んでいます。
それが時として、細胞のDNAに作用し突然変異を引きおこし、癌に発展増殖していきます。
茶のカテキンは突然変異作用物質の原生の抑制、突然変異物質で障害を受けたDNAの修復、
癌化細胞の増殖抑制効果があると言われています。

第5回 お茶の効能(中編)

前編に引き続き、お茶の効能について簡単に紹介していきます。

3.抗動脈硬化作用

血中コレステロールが多すぎると、動脈硬化を引きおこしやすくなります。
茶カテキンには悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やして
血液を正常な状態に近づける作用があります。

4.血圧上昇抑制作用

高血圧の90%を占める本態性高血圧の原因は、アンギオテンシンという物質が引きおこす
血管収縮によるものです。これを生成する手助けをするのが、変換酵素(ACE)です。
茶カテキンには、そのACEの活性を抑える作用があることが近年明らかになってきました。

5.抗菌作用

古くから茶抽出液には、コレラ菌などの病原菌に対する抗菌、殺菌作用があることが知られていました。
茶カテキンは、人の腸内では悪玉菌を減少させ、善玉菌を増加させます。
また各種消化器疾患に関わっているといわれるピロリ菌に対しても、
その除菌に効果があったと報告されています。近年知られることとなったO-157に対しての殺菌作用と、
それが出すベロ毒素に対しての抗毒素作用を併せ持つことも証明されています。

6.血糖上昇抑制効果

カテキン類は、糖の分解酵素であるαーアミラーゼの作用を阻害して、
血糖値の上昇を抑制するはたらきがあることがわかっています。
また、でんぷんなどの糖の分解を妨げ、一方ではブドウ糖としての吸収を抑制する結果、
体内に蓄積する糖が減少、肥満の防止にもつながると言われています。

第6回 お茶の効能(後編)

さらに引き続き、お茶の効能の紹介です。

7.脳・神経機能に対する作用

茶に含まれるカフェインは大脳皮質、延髄、脊髄などの中枢神経を刺激、興奮、活発化させ
、リフレッシュさせるはたらきがあります。また利尿作用や胃酸の分泌をうながし、
体脂肪の分解を促進します。また同様にお茶に含まれるテアニンは、
脳にリラックス効果をもたらし、気持ちを落ち着かせます。

8.消臭・抗う触(虫歯)作用

茶のカテキン・フラボノール類には、口臭や体臭などをはじめ悪臭の
吸収、吸着、消臭作用があることが、古くから知られチューインガムなどに利用されています。
虫歯の予防にも効果があり、虫歯菌の繁殖を抑え、グルカン物質や
それに由来する数々の酸の生成を妨げるため、虫歯になりにくくなります。

主なものを挙げてみましたが、いかがでしょうか。その効能の多さを見ていくと、
私たちの健康にいかにお茶が役立つかがよくわかります。
まさにお茶は「不老長寿の仙薬」。そう思うと、
また新しい気持ちでお茶にむかえるのではないでしょうか。

第7回 福岡の茶業と八女茶

玉露を筆頭に高級茶の折り紙つきである八女茶。
今回は、福岡の茶業の歴史と、八女茶の銘柄についてお話しします。

1191年中国(宋)に学んだ栄西禅師は、日本に茶種子を持ち帰り、
筑前背振山にそれを蒔きました。その後栄西は1195年に博多に聖福寺を建立して、
境内に茶を植えます。これが福岡の茶の歴史の始まりです。

1423年に中国(明)で学んだ周端禅師は、八女郡黒木町笠原に霊厳寺を建立して、
茶の製法、喫茶法を伝えたことから、八女地方で茶業が発展してきました。

さて「福岡の八女茶」というのは、どこの地域のお茶を指すのでしょうか。
福岡県南部を流れる矢部川と、その支流の星野川など流域二市四町二村(旧八女郡)で
主に生産される茶を、「福岡の八女茶」の銘柄で呼んでいます。

八女茶は煎茶、玉露とも恵まれた風土と伝統ある優れた技術によって生産されています。
香り豊かで、特に味は甘味が強く濃厚でコクがあり、八女茶の特徴となっています。
生産量は全国シェア2%弱と少量ですが、その品質の良さで全国的に名声を博しています。
気候が冷涼で、霧深い山間地域で生産される伝統本玉露は、質も量もともに日本一を誇っています。

第8回 八女市について

八女市は温和な土地柄と人柄、古墳と伝統産業そして豊富な農産物のまちです。

八女市は福岡県の南部、福岡市から南へ約50kmに位置し、面積39.34平方kmの
八女地方の中核的な町です。南北には市の中央部を国道3号線が、東西には国道442号が走っています。
西端には九州高速道が通じ、八女インターチェンジがあります。

「日本書紀」に「この地方に女神あり、その名を八女津媛といい、常に山中にあり」とあり、
八女という地名はそれが由来であるといわれています。

豊かな大地に育まれて古代から栄え、八女丘陵には当時栄華を誇った豪族「磐井」の墓、
岩戸山古墳があり、国指定史跡となっています。その他にも多くの古墳群が広がり、
古代ロマンに満ちた土地と言えるでしょう。

江戸時代には物産集積地として栄え、政治、経済、文化、交通の中心地となりました。
その中で、手漉き和紙・仏壇・提灯などの伝統工芸品が多く生まれ、八女独特の高い文化を誇っています。

また、八女市の農業は山間地から平野に広がる豊かな大地と、清流矢部川の恵みのもと、
多彩な作物が生産されています。平野部では米をはじめ、電照菊や苺、トマトなど、
丘陵地では八女茶、梨、葡萄など豊富な農産物が栽培され市民の自慢となっています。

第9回 春の大敵

春の大敵春も三月の中旬になるとお茶の新芽がふくらんできますが、
そのとき一番の問題が晩霜です。

やっと出てきたやわらかい赤ちゃん新芽に霜がおりると、凍って死んでしまいます。

そうなるとお茶農家は大打撃ですから、晩霜を防ぐために茶園に寒冷紗を張ったり、茶園用の扇風機(妨霜ファン)をつけたりします。

しかしそれでも万全とはいえません、畑で零下3℃以下になると効果はありません。

まさに自然の前には無力です。