八女茶の生産製造直売の八女美緑園製茶

八女茶の生産製造直販の八女美緑園製茶は、旨みとコクが日本で一番と言われる八女茶を栽培加工販売しています。新茶・煎茶・玉露をお楽しみ下さい。

ホーム
ショッピング
 

直接販売ならではの
新鮮な八女
ぜひおしみください!
  
  NEW 煎茶 

  セール 抹茶
トップページ»  八女茶の由来・特徴

八女茶の由来

日本書紀の中に「山中に8人の女神あり。
その名を八女津媛といい、常に山中にいる」と記録されている。
これから八女の地名が起ったと日本書紀は記す。
その八女の地に1423年に唐より周瑞禅師が修行を終えて帰国し、今の八女市黒木町笠原に霊願寺を建立、その時持ち帰ったお茶の種を蒔いたのが始まりと言われている。
 

八女茶の特徴

八女地方の寒暖の差が激しい気候と、土は古成層の土壌が多く、その土に含まれるミネラル分が相まって、八女の茶葉は柔らかく野菜のようだと言われます。
その様に柔らかい茶葉で製茶すると、強烈な旨みとコクのあるお茶に仕上がり、味が強すぎると言われる事もあります。又、朝霧の発生しやすい土地柄が多く、茶園がある山の斜面を霧が覆い太陽光を適度の遮ることで、茶のうまみ成分であるアミノ酸類の生成を促進し、古くより玉露はもとより煎茶も旨みが強いことで、高級茶として名声を博した。